デジタル推進課

KNIME・Excel Macro・Power Automateなど日々の業務で使用できる自動化ツールを中心に書き綴ります

KNIME

KNIME - ショートカットキーで毎日をちょっと便利に

今回は、KNIMEで使えるショートカットキーをご紹介します。

KNIME - ファイルパスを操る4 - KNIMEで相対パス使うには?

中級編の最終回、今回はKNIMEでの相対パス(relative path)について扱います。

KNIME - ファイルパスを操る3 - 自動削除フォルダを作る Create Temp Dir

自動削除フォルダを作るNode、 Create Temp Dirを解説します。

KNIME - ファイルパスを操る2 - ファイルパスを作る Create File name

前回は日付のフォルダを作成しましたが、今回は前回作成したファルダの中に1.ファイル名を指定して2.ファイルパス(フォルダ+ファイル名+拡張子)にして3.実際に書き出す ところまでやりたいと思います。

KNIME - ファイルパスを操る1 - 今日の日付のフォルダを作る Create Directory

実行日ごとにフォルダを作って、そこにOutputをアーカイブしていくシステムを作っていきたいと思います。 第一回はフォルダを作るNodeを扱っていきます。

KNIME - 超便利! 時を操る5 日時情報を抜き出す ~Extract Date&Time Fields~

今回は、超便利Node、日時情報を抜き出すExtract Date&Time Fieldsを扱っていきます。

KNIME - 時を操る4 日時でフィルタリング ~Date&Time-based Row Filter~

日時をベースでフィルタをしたいときに使えるDate&Time-based Row Filterを解説します。今回も日時の扱いを行う上で重要ですね。

KNIME - 時を操る3 日時の足し算・引き算 ~Date&Time Shift~

今回は日付計算の肝、Date&Time Shift 日時の足し算引き算を扱います。これができれば、自動化の幅がかなり広がります。

KNIME - 時を操る2 期間の計算 ~Date&Time Difference~

日時から期間を計算するNodeを扱いたいと思います。日時の計算は自動化が難しい分野だと思います。 これを習得すれば日時の計算はかなり楽になるのではないでしょうか!

KNIME - 総当たりでデータ作成! ~Cross Joiner~

今回は総当たりでデータを作成する、Cross Joinerを扱いたいと思います。勤怠表の元データを作成したい場合などに便利ですね。

KNIME - 欠損値(空白セル)を埋める ~Missing Value~

超重要Nodeです!今回は欠損値を処理するNode、"Missing Value"を扱いたいと思います。

KNIME - 時を操る1 日時を作る ~Create Date&Time Range~

Date&Time型を集中的に扱うシリーズを開始します。第一弾は、Date&Time型を作るNodeについてです。

KNIME - 文字数でセルをぶった切る ~Cell Splitter by position~

今回は文字数を基準にしてセルを区切っていきたいと思います。固定長区切りのデータを取り込むときに使えます。

KNIME - セルをぶった切る ~Cell Splitter~

超重要Node、Cell Splitterを扱います。セルを分割するNodeで、汚いデータをきれいにしていく作業によく使用します。

KNIME - 値の種類を数える / 固定値のコラムを作成する ~Value Counter / Constant Value Column~

今回は、2つのNodeを紹介していきます。一定値を入れることができる、「Constant Value Column」と、値の種類を数えることができる「Value Counter」です。 今回は、値の種類を数える方法を2つご紹介して、2つのNodeの使い方を見ていきます。

KNIME - ラベルを付ける ~Rule Engine~

今回はラベルを付けるために使用するRule Engineをご紹介します。Rule-based Row FilterでほとんどConfigureの書き方は扱ったので、少し煩雑なルールでご紹介します。

KNIME - コラムリストをもとにコラムを並び替える ~Reference Column Resorter~

今回はコラムリストを使ってコラムの順番を並び替えていきましょう。ついでに削除の方法もご紹介します。

KNIME - コラムリストをもとにコラム削除 ~Reference Column Filter / Splitter~

Column FilterとReference Row Filterが分かっていれば、概念は名前から分かりますよね。他テーブルの情報をもとにメインのテーブルのコラムを削除します。(もしくは分けます)

KNIME - Row IDをいじり倒す ~Row ID~

前回はコラム名(Column Header)を扱いましたが、今回はRowIDを操作してみたいと思います。Row IDはInsert/Extractが分かれていません。1つのNodeでRow IDを取り出したり、RowIDを入れ替えたりできます。

KNIME - 総入れ替え! コラム名を挿入する ~Insert Column Header~

今回はコラム名を一括で入れ込みましょう。これを使えば、コラム名を総入れ替えすることが可能になります!

KNIME - コラム名を抽出する ~Extract Column Header~

今回はコラム名を抜き出したいと思います。コラム名を一括で操作したいとき等に使用しますね。

KNIME - マニュアルでテーブルをKNIME内で作る ~Table Creator~

KNIME内だけでテーブルを作りたいなーというときに使えるNodeです。

KNIME - 行/列の入れ替え ~Transpose~ Excel貼り付けオプションの自動化

今回はExcelの貼り付けオプションにある、行/列の入れ替えの自動化です。

KNIME - 特定のデータを抜き出す5 ~Rule-based Row Filter/Splitter~ 複数の条件でフィルタ

特定のデータを抜き出す第5弾、自由にフィルタを行えるRule-based Row Filter/Splitterを扱います。

KNIME - 特定のデータを抜き出す4 ~Reference Row Filter / Splitter~ 他テーブルを参照してフィルタを適用

特定のデータを抜き出す第4弾、他テーブル参照式Row フィルタです。 他のテーブルに含まれている値を基準に、フィルタを適用することができるようになります。

KNIME – 特定のデータを抜き出す3~Duplicate Row Filter~ 重複削除・重複チェック

頻出Node、Duplicated Row FIilterを紹介していきます。使える場面多めだと思います。Excelでも重複チェック機能や重複削除機能はありますよね。

KNIME - 特定のデータを抜き出す2 ~Nominal Value Row Filter / Splitter~

さて、今回は特定のデータを抜き出す第2弾です。値選択式の行フィルタ、Nominal Value Row Filter / Splitterを解説します。使用頻度は高めです。

KNIME - すべて文字列Stringとして取り込む ~File Reader~

ファイルの読み込みで一番Basicかつ多機能なFile Readerです。

KNIME - CSV ファイルを書き出す ~CSV Writer~

今回はCSVファイルを書き出します。

KNIME - CSV ファイル・タブ区切りファイルを読み込む / Excel区切り位置の自動化 ~CSV Reader~

今回はCSVファイルを読み込んでみたいと思います。