デジタル推進課

KNIME・Excel Macro・Power Automateなど日々の業務で使用できる自動化ツールを中心に書き綴ります

KNIME - コラムリストをもとにコラムを並び替える ~Reference Column Resorter~

 

はじめに

今回はコラムリストを使ってコラムの順番を並び替えていきましょう。ついでに削除の方法もご紹介します。

 

 今回のテーマ ~Reference Column Resorter~

f:id:makkynm:20200620095427p:plain

Reference Column Resorter

 

覚えてほしいこと

実はコラム並び替えだけでなく、コラム削除もできる

 

やりたいこと

「コラムリストをもとに並び替える」を行いたいと思います。

f:id:makkynm:20200620104400p:plain

やりたいこと - コラムの並び替え

 

Reference Column Resorterの使い方

コラムリストをもとにコラムを並び替えます。出力する手前で使うことが多いですね。

 

Workflow

Reference Column Column Filterは、横にする変換をしなければいけなかったのでややこしかったですが、今回はコラムリストをそのまま入力できます。

上は並び替え対象のテーブル、下はコラムリストを含むテーブルがInputです。

f:id:makkynm:20200620095427p:plain

Workflow - Reference Column Resorter

Confirm - Before After

コラムリスト順にコラムが並び変わってると思います。

f:id:makkynm:20200620095840p:plain

Confirm - Reference Column Resorter

Configure

 設定は非常に簡単です。

f:id:makkynm:20200620100342p:plain

Configure - Reference Column Resorter
Step1 - General コラムリストのコラム名を指定

まずは下からのInputテーブルのどのコラムがコラムリストなのかを指定します。今回は一つしかコラムがないので、選択の余地がありませんが。

 

Step2 - Unspecified Strategy コラムリストにないコラムの処理方法

次に、コラムリストになかったコラムの処理を指定します。各選択肢の意味は下記の通りです。

  • Last:最後に持ってくる
  • First:先頭に持ってくる
  • Drop:削除する

つまり、並び替えだけでなく削除もできるんです!!

ちょっと一言コーナーで実験してみようと思います。

 

 ちょっと一言

コラムリストをもとに並び替える+削除する

 さて、先ほどあったDropオプションを使用して、並び替えだけでなく削除も行いたいと思います。

先ほどの設定から、コラムリストから「生年月日、勤務地」を抜いてInputテーブルとしたいと思います。Configureもシンプルなので、Confirmの画面だけをお見せします。

f:id:makkynm:20200620103054p:plain

コラムリストをもとに並び替え+削除

並び替えだけでなく、削除も行えていますね。

Reference Column Filterいらないじゃん、、

 

おわりに

今回はReference Column Resorterを紹介しました。コラム数が多い時に便利です。これで効率的なレポート作成が可能になるのではないでしょうか。

 

余談 

さて、今回のおススメ映画は、「ワンダー君は太陽」です。Amazon Primeでかなりの高評価で評価数も多かったので昨日見てみたのですが、非常に良かったです!

遺伝の関係から、生まれつき人とは異なる顔を持っているオギーが5年生からいきなり入学してイジメに会いながらも徐々に溶け込んでいくというありがちな物語なのですが、最後泣きそうになります。また、アメリカでのイジメは日本とあまり変わらないんだなというところと、それに対しての周りの捉え方が少し違うだけでこんなに変わるのかという印象も受けました。いい家族ってこんな感じ。アメリカの学校ってこんな感じ。あー、アメリカで育ってみたかった。と思える映画です。

ワンダー 君は太陽(字幕版)

ワンダー 君は太陽(字幕版)

  • 発売日: 2018/10/10
  • メディア: Prime Video
 
ワンダー 君は太陽(吹替版)

ワンダー 君は太陽(吹替版)

  • 発売日: 2018/10/10
  • メディア: Prime Video
 

 

参考リンク